google-site-verification=YWimY3RajkEe-OJ-aBK4c9TSS_sUN9gowg47A8YbKRk

四季のうた

白露に/玉ぞ 文屋朝康

1 通釈

白露に風の吹きしく秋の野は 貫き止めぬ玉ぞ散りける

→草木の葉に置いた白露に風がしきりに吹き付ける秋の野は、まるで糸を通して止めていない真珠が散っているかのようですね

2 生没不明の謎の歌人

作者の文屋朝康(ふんやのあさやす)は生没不明の謎多き有名歌人と言われています。

六歌仙の一人である文屋康秀(ふんやのやすひで)の子どもと言われていますが、確かなものではありません。

彼も、身分が低かったことで、記録が残っていないのでしょう。

このうたは、後撰集の枕詞(まくらことば・うたの初めに添えられた説明文)によると、醍醐天皇の時代に応召歌(おうしょうか・実際にその地で詠んだものではなく、イメージで詠んだうた)とされています。

そして宇多天皇の時代にも同じうたを奉納しているという記録があるので、よほどの傑作だったということなのでしょう。

私のイメージでは、それを超える傑作に巡り合えなかった、知恵をしぼって同じうたを贈ってしまった、という感じです。

パールのネックレスを作っているときに、うっかり床に落としてしまって、パールがころころと転がってしまった、そんなイメージでとらえました。

3 二字決まり 白露/つら

「し」から始まるうたで、白露はこのうただけです。二字決まりになります。

4 覚え方

つらら しらつゆ

夏の夜は/雲の 清原深養父

1 通釈

夏の夜はまだ宵ながら明けぬるを 雲のいづこに着き宿るらむ

→夏の夜はまだ宵のうちと思っているうちに明けてしまったけれど、雲のいったいどのあたりに月は宿っているのでしょう。

2 清少納言のひいおじいさん

作者の清原深養父(きよはらのふかやぶ)は生没年がはっきりわかっていません。900年頃に活躍した歌人とされています。そして清少納言(せいしょうなごん)のひいおじいさんにあたります。

このうたに出てくる「月」は今どこにあるのでしょう?

おそらく、ですが、深養父は月の姿を愛でているうちに楽しい時間はあっという間、月が沈んでしまう明け方になってしまった、ということなのでしょう。

一緒にいたのはやはり女性なのでしょう。

会話が弾んで、お酒がすすんで、あれ?月はどこへ行ってしまった?

恋のうたには分類されていませんが、そんなにおいが感じられます。

3 二字決まり 夏の/雲

「な」から始まるうたで、「夏」はこのうただけです。よって二字決まりのうたになります。

4 覚え方

くもの なつのよ

雲の夏の夜

夏の夜は雲の月

ひさかたの/しづ 紀友則

1 通釈

ひさかたの光のどけき春の日に しづ心なく花の散るらむ

→日の光がのどかな春の日に、どうして落ち着きがなく桜の花はあわただしく散っているのでしょう。

2 紀貫之(きのつらゆき)のいとこ

作者の紀友則(きのとものり)は紀貫之のいとことして知られています。といっても、まずは紀貫之がどんな人物かということですが、最初の勅撰集(天皇の命でつくられる和歌集)の古今和歌集の編さんに関わった、和歌の名手だったということ、三十六歌仙の一人であったということから、とにかく和歌といえば紀貫之というくらいすごい人、ということでしょう。

そのすごい人のいとこ。

お互いにどう思っていたかはわかりませんが、私だったら、すごい人にはまかれろ、という感じになるでしょうね。

さて、古今和歌集が出てきましたが、この編さんに友則も関わっておりました。

完成を待たずに友則は亡くなってしまいましたが、貫之とは違った優美で格調高いうたを詠んだそうです。

この、ひさかたの~は、その優美な感じを定家がひっぱり出したうたといえます。

3 二字決まり

「ひ」から始まるうたで、「ひさ」はこのうただけです。

4 覚え方

しづこ ひさかたぶり

山川に/流れ 春道列樹

1 通釈

山川に風のかけたる柵は流れもあへぬ紅葉なりけり

→山の川に風がかけ渡した柵(しがらみ)がありますが、それは流れようとして流れることのできない紅葉だったのですね。

2 きらりと光る紅葉のうた

作者の春道列樹(はるみちのつらき)は生没年がはっきりわかっていません。

勅撰集(ちょくせんしゅう、天皇の命によってつくられた歌集)に選ばれたうたも、5首と少ないなか、定家がこのうたを選んだのにはよほどの理由があったのではないでしょうか。

わたしには、紅葉がひらひら舞い落ちる、山道、そのそばを流れる細い川がうかんできます。

柵とは、水の流れをせきとめる杭などをいいます。

紅葉がその柵のように細い川に降り積もって、流れを止めようとしている。それは時間の流れのようで、時間も止めることはできないもので。

一瞬の美しさをとどめることはできない。その一瞬を写真のように切り取ったうた。

それがこのうたなのだと思います。

3 三字決まり

「山」から始まるうたはほかに28番の「山里」があります。

「やまが」「やまさ」で三字決まりになります。

4 覚え方

やまがながれ

朝ぼらけ/吉野 坂上是則

1 通釈

朝ぼらけ有り明けの月と見るまでに吉野の里に降れる白雪

→夜がほんのりあけて物がほのかに見えるころ、明け方の月の光かと思われるほどに、吉野の里に降り積もっている真っ白な雪だなあ

2 蹴鞠(けまり)の名人

作者の坂上是則(さかのうえのこれのり)は生没年がわかっていません。

坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)の子孫であるとされています。

田村麻呂と言えば、現在の東北地方にいた蝦夷(えみし)と戦い地域をおさめたヒーローになっています。

蝦夷にしてみればいきなりやってきて、暴力的に支配されてしまったわけですから、悪の根源でしかないわけですよね。

立場が違えば、見方もかわります。

さて、是則ですが、なんと蹴鞠の名人だったという逸話があります。

蹴鞠という遊びは、しかの皮でできた毬(まり)を地面に落とさずけり続けるというもので、今のサッカーでいう、リフティングのようなものですね。

革靴をはいてけり続けるわけですから、技術もそうとう要ると思われます。

そんな遊び(もはや競技?)の名人だったとは、足さばきがすごい人だったんですね。

蹴鞠についてはこちらに詳しく出ています。https://okeihan.net

3 六字決まり

「あ」から始まるうたで、「朝ぼらけ」がつくうたは他に64番目の「朝ぼらけ宇治」があります。

ということで、六字決まりになります。

「あさぼらけ」

「きみがため」

「わたのはら」

で始まるうたはそれぞれ2首ずつあります。

六文字待ちきれずにヤマをかけて取った人が多かったため、「大山札」と呼ばれています。

4 覚え方

よしののあさぼらけのつき