google-site-verification=YWimY3RajkEe-OJ-aBK4c9TSS_sUN9gowg47A8YbKRk

ちはやぶる/唐紅 在原業平朝臣

  • LINEで送る

1 通釈

ちはやぶる神代も聞かず龍田川 唐紅に水くくるとは

→神代(かみよ)には不思議なことがいろいろあったそうだが、その神代でさえ聞いたことがない、龍田川が鮮やかな紅色に絞り染めになるとは。

2 モテモテの在原兄弟 弟

奈良県の龍田大社https://tatsutataisha.jpのそばを流れている川が紅葉の葉で紅に染まる光景。どんなに美しいものか、言葉で表現したら、、、

作者の在原業平朝臣(ありわらのなりひらあそん)は825年生まれで880年に55歳で亡くなりました。今で言うイケメンだった彼は「伊勢物語」の主人公ではないかと言われています。

「伊勢物語」は在原業平の和歌を引用して書かれた、一人の男の生涯の物語です。

恋愛の短編集のような感じで展開されていくのですが、いろいろな女性との恋を和歌をからめながら描いているのです。

業平がどれだけイケメンだったのか、物語が語っています。

業平には7歳上のお兄さんがいます。前回の歌、たち別れ~の作者の行平です。

真面目で仕事熱心な兄と、自由で情熱的な弟。物語の登場人物としては最高な二人です。

この歌は末次由紀さんの漫画「ちはやふる」https://be-love.jp/c/chihaya/でシンボル的に出てきます。この歌をきっかけに百人一首や競技かるたに興味を持った人は多いでしょう。

唐紅という色は紅色よりもなお濃い紅と言われています。

紅花で染めた色よりも濃いのですから、真っ赤!という色です。

紅花は、古来より染料として使われてきました。口紅の材料にもなっています。

一大産地である山形県では県の花として制定されています。

オレンジ色の可憐な花には鋭いトゲがついていて、栽培農家さんは手袋が必須アイテムです。

バラとはイメージが違いますが、ツンデレなところは共通ですね。

業平が紅花をイメージしてうたったかはわからないところですが、紅葉のはらはらと降り落ちるところを、川の流れに流されていくところを、自分の心の情景として表現したのかもしれません。

百人一首では秋のうたに分類されていますが、実は恋のうたの要素があると思っています。

在原業平は六歌仙のひとりにもなっています。

3 二字決まり ちは/唐紅

「ち」で始まる百人一首はこのうたと、契りおきし~の75番目の藤原基俊(ふじわらのもととし)のうただけなので、二文字で判断できます。

もう、ちはやぶる=唐紅という公式で覚えちゃいましょう。

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA