google-site-verification=YWimY3RajkEe-OJ-aBK4c9TSS_sUN9gowg47A8YbKRk

天つ風/をとめの 僧正遍昭

  • LINEで送る

1 通釈 

天つ風雲の通ひ路吹き閉ちよ をとめの姿しばしとどめむ

→空を吹く風よ 雲の切れ目にあるという天と地をむすぶ天女が通る道を吹きとじておくれ 五節の舞姫たちの姿をもうすこしこの場にとどめておきたいのだ

2 人生は仁明天皇とともに

作者の僧正遍昭(そうじょうへんじょう)は出家前の名前を良岑宗貞(よしみねのむねさだ)といいます。816年生まれで890年に74歳で亡くなっています。

桓武天皇の孫になります。桓武天皇は平城京から長岡京、平安京に都を遷都、つまり大規模に都市の引っ越しを実行した天皇なので、時代としては落ち着かない時代だったと思われます。

現代にあてはめると、政治の中心地まるごと地方にお引越しですから、それは大胆でおおがかりな改革だったことでしょう。

そんな時代に生まれた宗貞は仁明天皇(桓武天皇より4代後の天皇)に認められて出世していきます。

認められて仕事にやりがいも出てきたところで、仁明天皇がお亡くなりになってしまいます。

上司が代われば、対応も変わります。宗貞はついに出家して僧正遍昭となるのです。

うたのなかにある、をとめは乙女。五節の舞姫を指しています。天武天皇(桓武天皇より10代前の天皇)が吉野宮で琴を演奏していた時に、天女が舞いおりて天皇の琴にあわせて5回袖をひるがえして舞ったという故事からきています。

五節の舞は毎年11月の丑の日から辰の日にかけて行われる宮中の儀式、新嘗祭(にいなめさい)で奉納される舞のことです。

かわいらしい天女のような少女たちが可憐に舞う姿をほほえましく見ていた遍昭は、いつまでもこの時間が続くことを望んでいたのでしょう。

僧正遍昭は六歌仙、三十六歌仙の一人です。

3 三字決まり 天つ/をとめ

「あ」で始まるうたで、「天」から始まるうたはこのうたと、7番目のうた「天の原~」https://hyakuninnouta.com/2020/08/31/%e5%a4%a9%e3%81%ae%e5%8e%9f-%e4%b8%89%e7%ac%a0%e3%80%80%e5%ae%89%e5%80%8d%e4%bb%b2%e9%ba%bf/だけです。取り札を並べるときに、自分のほうに二枚ともある時はチャンス!近くに並べて二枚とも払って取りましょう。

4 覚え方

あまつ おとめ

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA