google-site-verification=YWimY3RajkEe-OJ-aBK4c9TSS_sUN9gowg47A8YbKRk

天の原/三笠 安倍仲麿

  • LINEで送る

1 通釈

天の原ふりさけ見れば春日なる 三笠の山に出でし月かも

→大空を振り仰いではるか遠くを眺めると、月が美しく登っていて、その月は春日にある三笠の山に登ったあの月のかがやきと同じなのだなあ。

2 唐への留学が人生を決定してしまった

安倍仲麿(あべのなかまろ)は698年生まれで770年(73歳)に没。16歳で勉学を認められて、長安に留学を許されます。

遣唐使として選ばれた人たちは、奈良の春日大社で出発前に旅の無事を祈ったそうです。

春日大社といえば朱色の神殿で、鹿がたくさんいる印象深いお社ですね。

その上空に真ん丸なお月様。明るくやさしく仲麿たちを照らしているという画がうかんできます。

この歌は、仲麿が唐の玄宗皇帝に30年お仕えしてようやく日本へ帰国することができるということになり、別れの宴で詠んだといわれる歌です。

30年も海外で過ごすということ、日本と唐の懸け橋として違う国で生きていくこと、容易なことではなかったでしょう。

これから帰る日本、どんなふうになっていることだろう。あの山は、あの月は今も変わらずわたしを迎えてくれるだろうか。いろいろな望郷の気持ちがあふれてきます。

そうして船に乗り込み帰路へ着くのですが、仲麿は暴風にあってしまい、ベトナムへ流されてしまうのです。

命からがら生き延びて、唐へもどり、日本へは二度と戻ることはありませんでした。

3 三字決まり 天の/三笠

物語を知っていればおのずと覚えられますが、あまの→海女のみかさちゃんという女の子をイメージして。

「あ」で始まるうたで、「天」がつくのは他に12番目の「天つ風~」僧正遍昭(そうじょうへんじょう)のうたhttps://hyakuninnouta.com/2020/09/11/%e5%a4%a9%e3%81%a4%e9%a2%a8-%e3%82%92%e3%81%a8%e3%82%81%e3%81%ae%e3%80%80%e5%83%a7%e6%ad%a3%e9%81%8d%e6%98%ad/があります。

4 覚え方

あまのみかさちゃん

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA