google-site-verification=YWimY3RajkEe-OJ-aBK4c9TSS_sUN9gowg47A8YbKRk

春過ぎ/衣ほす 持統天皇

  • LINEで送る

1 通釈

春過ぎて 夏来にけらし白妙の 衣ほすてふ天の香具山

→春が過ぎていつの間にか夏がやってきてしまったようだ。夏が来ると白い衣を干すという天の香具山に白い衣が干してあるよ。

2 女帝と呼ばれた皇女

持統天皇(645年~703年、第41代天皇)は天智天皇の娘で、藤原京を築いた女帝。

女帝というと、イギリスの女王のイメージが私の中ではものすごく強いですが、持統天皇も旦那様である天武天皇が亡くなって4年後に天皇に即位されています。

自分がなんとかしなくては!という頑張ってしまう感じ、国の母になろうとしていたんでしょうね。

天の香具山は、藤原京からも近い天から降りてきたと言われている神聖な山。

古事記に登場する神様がたくさんお祀りされています。

夏になると、衣更えで白い着物を洗い、緑の濃くなった香具山に干すコントラストが見事だったのでしょう。

国の母として奮闘していた持統天皇、ふと天の香具山をあおぎ見ると、その風景に目を奪われたのです。

父や夫の時代は争いが絶えなかったけれど、ようやくこの国は平和が訪れたようです。

58歳で亡くなるまで、持統天皇は万葉集を代表とする万葉の歌を盛り上げてひとつの時代を築きました。

3 3字決まり

「は」で始まるうたは4首。そのうち「春」がつくのは67番目の「春の~」周防内侍(すおうのないし)のうただけです。

4 覚え方

ころもほす はるすぎた

参考文献 三省堂 新明解古典シリーズ 百人一首

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA